今すぐお電話 0120-150-650 <受付時間/9:00〜24:00 平日・土日祝祭日も>
浮気や不倫は民法770条の離婚原因 浮気や不倫は、不貞行為に至ると民法770条の離婚原因となります。

浮気や不倫という言葉は頻繁に耳にしますが、他人事と考えていても自分がそのような立場に置かれることもあります。

「愛している人に裏切られた」「ちょっと遊びのつもりだったのに」浮気や不倫をされた方も、してしまった方も、真実が露呈してしまった場合には、後悔や嫉妬、怒り・・・色々な気持ちが渦巻き、信頼関係が崩れてしまいます。
さらには、離婚という重く大きな問題に直面することになります。

民法第770条では、「夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる」と定めています。次に掲げる場合、というのは、以下の通りです。

●配偶者に不貞な行為があった場合
●配偶者から悪意で遺棄されたとき
●配偶者の生死が三年以上明らかでないとき
●配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込がないとき
●その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき
(裁判所が、様々な事情を考慮した場合、婚姻の継続が妥当とされた場合には、離婚の請求は棄却ということになります。)

この、民法第770条の第一項「配偶者に不貞な行為があった場合」つまり、肉体関係を伴う浮気や不倫は、「離婚」の事由になるのです。

法律で不貞とは、「夫婦間の守操義務に違反する姦通(配偶者以外の異性との性行為)」を指しています。配偶者以外の異性と肉体関係、特に継続的な肉体関係があるということを、「不貞」という言葉で表しています。

継続的な不貞行為の証拠により事実関係が立証できるときは、浮気、不倫をされた配偶者は、離婚の訴えを起こすことができます。つまり、浮気、不倫を継続的に続けている方は、その不貞行為が露呈することにより、例え火遊びでも離婚へ至る可能性があるということを知っておいてください。

離婚は、住居や子供のことも複雑に絡み合い一生涯に関わる大きな問題です。必ず専門家へ相談して予備知識を得て、対応するべきといえます。