今すぐお電話 0120-150-650 <受付時間/9:00〜24:00 平日・土日祝祭日も>
浮気や不倫は、民法709,710 条の不法行為 肉体関係を伴う浮気や不倫は、民法上で「不法行為」にあたります。

肉体関係を伴う浮気や不倫という行為に対して、民法上では、以下のように定められています。

「自分の行為が他人に損害を及ぼすことを知っていながら、あえて(故意に)違法の行為をして、他人の権利や法律上保護される利益を侵し損害を与えた者は、その損害を賠償しなくてはならない。また、不注意(過失)による場合も同様である」
(民法第709条 不法行為による損害賠償)

「他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の(民法第709条)の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の存在に対しても、その賠償をしなければならない」
(民法第710条 財産以外の損賠の賠償)

浮気や不倫は、「不貞行為」にあたります。浮気や不倫をされた側は、配偶者の権利を侵害されたことになり、民法第709条を法的根拠に「不法行為による損害賠償」を請求できます。
また、民法第710条では、民法第709条において損害賠償するものについて、財産以外の損害に対しても、賠償を負うことを定めています。

浮気や不倫という行為が、家庭の崩壊以外にも大きな経済的リスクがあることを理解しておいてください。